SYNCHRONICITY
日常にまでスマップを持ち込んだしまった、単なるファン日記。 つよぽん贔屓に、まったりだったり、壊れたり。
プロフィール

千酉

Author:千酉
チドリと読みます。
年齢:上二人と同じ年
生息地:北国に生息
ダンナと二人暮しの子供っちなし。
2人で生きていく決意を最近しました。
一般企業に勤めてる地味な専門職。
食物アレルギーに悩める食いしん坊。

剛ひいき5スマファンの現在

更新は超マイペース。

地方出不精をいいわけとしている私ですが、多忙と貧乏と健康不安を言い訳にしてた時を過ぎ、すまぷと家計の安定のために働いてると最近自覚し、年に二度くらいはスマ休暇をいただける幸せな日々。
そのために貧乏なのはあんまり変化がないけれど(笑)

剛ファンと言っておきながら、他のメンバーにいきなり浮気する傾向あり。
最近は後輩にも浮気する傾向あり。

5スマでもコンビでも基本2人以上で群れてくれれば大満足します。
しんつよ萌え☆だけは根が深い。

リンクもご自由にして頂いてかまいません。
コメント頂けると嬉しいです。
(当ブログに関係のないと判断したコメント・TBは予告無く削除させていただきます。)

(Prof更新/2012.10.10)
ついったーもぼちぼち‥やってます。(ここも亀…で近況の方が多いけど)興味のある方はどうぞご自由にフォローください。こちらからのフォローは基本一言あればさせていただくつもりです。気づいたら…ですけど(笑)←どこまでも大雑把。



拍手レス

★★拍手ありがとうございます★★
FC2拍手レス
名前をご記入していただいた方には、イニシャルでレスしてます。(間違ってたらご指摘ください) 無記名の方には、時間を書いておりますので、記憶を頼りに読んで下さい(笑)



メールフォーム

☆メールはこちらからお送りください☆

名前:
メール:
件名:
本文:



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



全記事(数)表示

全タイトルを表示



ブログ内検索+カテゴリー表示+最近の記事表



最近のコメント



同盟・素材サイト



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


忘れられない年。ありがとうございました。
今年も残りあとわずか。
年末年始の番組のためにHDDはとりあえずがっぽりあけました(笑)徹夜したよ。ばかじゃない。
旦那に誘われて行ったヨドバ○でうっかりブルーレイ買いそうになったよ(笑)

今年は剛おっかけにもまあ本人も忙しかったと語るくらい私も大変だったけど、充実していましたね。
走りきってくれたと思います。
まだまだ冬のサクラもあるから、気は抜けないんだけども、ファンとしては活気のある毎日(笑)
おいてけぼりにならないよう必死です。
そして彦一さんにまた会えるのが、実は最大の楽しみだったり(笑)
映画の方もいつ見に行こうか予定を考えるだけで楽しかったりします。
(一気に放出するの勘弁してほしいけど、まあ嬉しいしこういうのおっかける苦労って出来るもんなんだよね~)

大晦日は結婚して初めて、自分の実家に帰ることにしました。
だんなのすすめもあり、今年は母と一緒に紅白みまーす。
(旦那実家ではリアルタイムで紅白みれなかったので)

喪中なので、正月準備がほぼなかったのが自分的にはスゴイ楽だった(こら)
今頃ひーひー言いながら年賀状書いてたり買い物してたりしたのにさっ

今年はそんなわけで父の急逝があり、とても辛い年だったけれど
実は人生で一番嬉しい事もあった年でした。

信じられない幸運を、あまり沢山の人に話す勇気もなくもったいなくて形にしたくなくて、大切にとっておいた事実。
今年の最後に形にしておきます。

このさき読まなくてもいいので、今年の感謝を先に。
お会いできた方、友達のみなさま、はじめてやりとりさせていただいたみなさま、そしてこんな亀ブログを読んでくださったみなさまありがとうございました。

来年もどうかよろしくお願いします。






2月7日日曜日正午ごろ、ターロウ観劇の旅の最後に、私は一番大好きな人に偶然会いました。
東京の某所で、私が友達との逢瀬も終わり、ひとりでお昼ご飯を食べようと惹かれたお店の前に彼は立ってて。
ニット帽を深く被り、手袋をはめた右手には新聞を持ってて、立ち姿のきれいさに「??」となりまさかと鳥肌がたちました。
私は斜め後ろに立っていたのですが、顔が帽子で見えないので期待はほんの少しで、そんな上手い話はないだろうと心を落ち着かせていながらも、既に看板のランチメニューには気はいってませんでした。
まわりはだれも騒いでないし、彼は一人。でも気になります。後ろ姿でもニット帽でも。
その直後に彼は振りかえりました。


なんてこと…

…くさなぎつよしさん本人だったのです…


本当に偶然にプライベートでひとりランチ?しようとしている剛に出あってしまったのです。


この時の私の心情は、ここで書ききれるものではないぐらいの動揺で、
それでもこれを逃したらとかいろんなことを1~2秒で思って、でも向かい合わせだし目の前だし
ああ!もうだめ!!って思って人生最大の勇気で声をかけました。

すると真顔で歩いてた剛は、私を確認すると満面のアイドルスマイルで左わきに手袋と新聞をはさんで右手を差し出してくれて。
「あっどうも、こんにちはぁ~~☆」

…まっしろ…


もう惚れ直しどころじゃないですよ。
視線も声も手のぬくもりもひとりじめですもん。
髭のそり残しっていうのかメイクしてない顔にも、意識が遠のきそうなくらいクラクラしちゃって。

もっと具体的に書こうと思えば書けるんですけど、その後どうなったかは何かパニクっててあまりちゃんと書けないし、声をかけて悪かったかなーって思う気持ちもあったけれど、今でも夢に見るくらいに宝物な瞬間でした。

ずっと十何年も追いかけて好きだった人と、偶然にあえて握手しただけなんですけどね。


この記憶だけで強く生きて行けると誓った出来事です。
神様はいるのかもしれないとも思った。

2010年辛い事も嬉しい事もとても大きかった。

こんなに振り幅大きくなくていいけど(笑)2011年、素敵な一年でありますように。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/31 12:05】 | # [ 編集]

>Mさん☆
すみません今回はお返事が遅くて…。テンポがある日とない日があるんです…(ない日が多いブログです)

偶然の凄い幸せ話をおすそわけ出来ましたでしょうか?そんなふうに言ってもらえて、ホントに有難く嬉しく思います。
私だったら羨ましいとかちょっと妬んでしまいそうな事なのにー。
でも東京に住んでない私が遭遇した事ですから、チャンスはあると思いますよ。いつ何が起こるかわかりませんっ

ヤマトはもっとじっくり感想を書きたいところなんです。
旦那はヤマト世代で、私は何となく程度わかる世代なんですが、旦那と話したヤマトレビューとか時間があったらいろいろ書きたいんですが…。
旦那は今回のヤマトはかなり評価が高いです。実は私よりも高くて(笑)私は冷静にツッコミどころとかもあったりした映画なのですが、旦那いわく原作もツッコミどころは多いのでそこはヤマトだからイイんだって感じらしいです。それよりも木村拓哉だからこそあそこまでアニメらしくできた映画で、惜しいところはあるけど満足だったと喜んでいました。
13回乗船ってすごいーー!今はもっと更新されたのかしら…。
私剛の映画でも3回がMAXなので4回日本沈没見てくださったMさんに、ファンとしてふかぶかお礼を申し上げます(笑)
多分ヤマトDVDは買うと思います。私は武士の一分は買ったんですけど、ヤマトは私の好きな木村くんが満載で世界観も他の役者さんも私好みだったんですよねー。
剛ファンなので剛のものはとりあえず買うけど(え)、他のメンバーはやっぱり気にいったものだけしか買えないというビンボー気質なんですが(笑)

つよぽん空気読めない件…木村くんも…というMさんに大爆笑(笑)
そういうふうに言えるMさんは、私と気が合うかもしれません!
木村くんも私は結構天然さんだなーと思ってますけど、つよぽんもそうですけど、そんなところが愛しい正直な人だなって思うんです。
あと私は木村くんが時々放つポエムというかちょっと意味を考えてしまうたとえ話大好きです(笑)

木村くんジャイアン演出(笑)とか剛との絡みが不愉快ではないかとのご質問ですが、絡みは大好物です!!体育会系兄弟みたいな感じかな(笑)?慎吾には甘いけど剛にはちょっと厳しいのも私説明できないけどちょっとわかるんですよ。(でも剛の言動で爆笑する木村くんが何ともいえず好きだったり)
ジャイアンは時と場合とスタッフによりけりですね。
私はもともと木村くんはすごく自分の考え方に近くて理想的な人なんです。
私の以前の記事のどれで木村くんと剛のことに対して書いたかあんまり覚えてないのですが、私の木村くんへの想いは2005年の(最初の方です)11/14(一日遅れ)の木村くんへのバースデイメッセージが一番わかりやすいかなぁ。
その当時他のメンバーの事書きすぎて、よく見えないところで怒られてたので、今はあんまり剛以外の萌えなこと書かなくなってしまいましたが…

昨年は振り返ってみると、本当に自分的に多くの事と向き合い考えた一年でした。
大変だったときはがむしゃらでしたが、一年前よりは成長したんじゃないかなと思えるので、私的には意味のある走り抜けた年でした…。
時々しか更新してないのに、そういうふうに私の事を理解してくださってるのが驚きであり嬉しくもあるコメントでした。
どうぞ今年もきっと亀更新ですが(ダメなスタンス)読んでやってください(笑)

【2011/01/11 04:33】 URL | 千酉 #Y2kgqtPU [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://chidorisynchro.blog31.fc2.com/tb.php/476-3b9b0b93



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。